英語が通じて、安く旅行できる国・フィリピン

フィリピンと聞くと何を思い出しますか?バナナ、セブ島、ドゥテルテ大統領・・・など日本でも有名なものが多いですよね!

今回は日本から近く、安く、英語が通じる国・フィリピンの魅力をご紹介します。

フィリピン観光のオキテ


検索サイトなどで「フィリピン 旅行」などと調べると必ず「治安が悪い」という文字を目にします。

確かに首都マニラなどは、気をつけていても危ない目に遭うことが多いですが、「夜は街を歩かない」「貴重品は隠しポケットなどに入れる」「高価なアクセサリー、時計は身につけない」などを徹底していれば確率はぐっと下げられます。

また、大半のフィリピン人はとても親切で、道を聞いても丁寧に教えてくれます。

2016年にドゥテルテ氏がフィリピン大統領に就任してからは治安は良くなっていると言われていますが、麻薬使用者を殺害したり、空港でタバコを吸っただけで罰金を払ったというケースも実際には起きていますので、少しでも変な雰囲気を感じたり危険を感じたら絶対にその場から立ち去るようにしましょう。

リゾート地がたくさん!

フィリピンは何と言ってもリゾート地がとても多いですが、その中でも有名なのが「セブ島」ではないでしょうか。ここ最近では留学先としても人気があるようです。

また、仕事を退職し第二の人生をセブ島で送る日本人も増えているようです。セブ島=海というイメージが強いですが、意外にも観光地がたくさんあります!

例えば「ビバリーヒルズ・タオイスト寺院」。セブの中でも富裕層が住む街にあり、寺院の外観は一言で言えば「ド派手」です。本堂に行くには99段の階段を登らなければいけませんが、登った先には絶景が広がっています。

また、セブ島には日本企業も進出しており日本食が食べられます。旅行先での食べ物が不安という方も安心して訪れることができる場所です。

物価が安い!

アジアの中でもフィリピンはめちゃくちゃ物価が安いです。例えばマクドナルドのセットは日本ではおよそ500円〜800円の相場ですが、フィリピンだと140円程度で食べることができます!

また、公共交通機関の運賃も安くタクシーの初乗り運賃が100円程度とのことなのでメーターが上がるのを気にしながら乗る必要もありませんね!

そのほか日用品も日本より安いですが、「フィリピンで買い込んでやる!」と思っても自分の肌に合わないものも中にはありますので、旅行の時にはなるべく使い慣れた日用品を持参することをオススメします。

また、マッサージやエステも日本より安いので旅で疲れた体を癒すのもよし、エステで女子力アップするのもよし。いろんな楽しみ方ができるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする